ブログ詳細

さあ利益を出そう

利益は「出た」ものではなく「出す」ものである

 

これは師匠からの言葉

 

単純なようだけど、めちゃくちゃ深い言葉

 

この違い皆さん説明できますか?

 

経営活動を1年間して

「売上が良かったので利益が出た(残った)」と

「計画通り目標利益を出せた(残した)」

の違い。

 

前者は「成行き経営」

計画や目標がなく、売上や利益を出すという

意識を感じられない経営

 

後者は「意志経営」

目指すべき(あるべき)像に向かって

日々実践していく経営

 

強い企業は間違いなく後者の経営を実践しています。

 

強い企業になる社員が作ってくれた売上利益を

経営者がどのように財務経営していくかということ。

 

それを税金を払いたくないからと

利益を先送りにしたり

 

計画未達でも他責にしたりしていては

強い企業は作れない

 

「強い企業=潰れない企業」

 

企業経営の目的は雇用と存続

 

これを実現するにために利益は必要です。

 

 

なるほど、利益を出す意味は

よく分かりました。

 

でもその利益の出し方に困っているんです。

どうやって出すんですか?

 

打つ手はたったの3つだけ

 

1.売上を増やす

2.固定費減らす

3.原価率を下げる(粗利率を上げる)

 

これしかありません。

 

組み合わせて行うと効果が出やすいのですが

敢えて分かりやすくするため

一つづつ説明していきます。

 

まずは売上

 

売上至上主義というぐらい

多くの経営者はここにフォーカスを当てます。

 

売上が増えたら本当に利益が出るの?

 

そこにしかフォーカスを当てないと

社員はそのために固定費を使おうとします。

 

販促費、人件費、宣伝費などなど

 

結果、売上目標を達成できたとしても

利益目標が達成できなければ本末転倒。

 

売上計画を作るなら粗利計画の方がいいですね。

 

 

次は固定費

 

経費削減、コストカット、リストラ

 

この単語、あまりいい気分にはならないですね。

 

コストカットコンサルタントとか言われると

何か怪しい~(人のことは言えないけど)

 

そもそも固定費っていうぐらいなので

簡単に下げることはできません。

 

特に固定費の割合が高いのは人件費

 

給与を下げると社員のモチベーションは

ダダ下がりするので最後の手段です。

 

裏紙を使ったり、使わない部屋の電気を

消してもたかが知れてますし。

 

税理士やコンサルタントがコストカットを

必要以上に迫ると、

 

お前の手数料下げろや~

 

となります。

 

適正でなければ、潔く下げましょう。

 

 

 

最後に、原価率

 

仕入値を下げろ?

値上げをしろ?

 

どれもやってきたよ。

もう限界。

 

と言われたことは数知れず。

 

 

打つ手なしですか。。。。

 

 

いえいえ、まだあります。

 

操業度、回転率を上げることに

本気で取り組まれたことはありますか?

 

やり方、中身について詳細に話すと

1冊の本ができてしまいますので

簡単に話します。

 

機械なら、ぶん回し、使い倒す

人なら、ちゃきちゃき動く

商品なら、仕入れてすぐ売る

サービス業なら、座席回転率を上げる

(時間がある時に少しずつ解説します)

 

え、そんなこと?

 

そんなことなんですけど、

実は奥がめちゃくちゃ深く追求すれば

確実に生産性が上がり利益が増加します。

 

もう一度言いますよ

 

 

利益を出すためには回転率を上げる

 

 

 

全て数字で見える化できます。

 

一気に全てやるのは難しいですが、

まずはできることから。

 

 

5Sから始めるといいですよ。