ブログ詳細

会社で金融商品を持つべき?

所属している保険代理店から

(ちゃんと保険もやってますからね!)

「ライフプラン、老後の資金生活」

というタイトルで勉強会の連絡が

あったので参加してみました。

 

FPの資格を取ったのが2008年で

かれこれ10年以上前。

 

ベースは分かっていても情報が

更新されていないと意味がないですよね。

 

社会制度など常日頃変化しているので、

僕らの情報のアプデ―トも大切だということです。

 

国民年金の保険料って、

いくらかご存知ですか?

 

2021年度は16,610円です。

 

ちなみに2008年度は14,660円。

 

10%以上上昇!

 

消費者物価指数はここ30年

横ばいなんですけどねぇ

 

見えにくいところでインフレをきかされると

ジャブの様に効いてきます。

 

日本人の金融資産の半分以上は預貯金です。

 

保険、年金は全体の3割と言われているので

8割が安定資金なんですね。

 

政府もずっと発信していますが、

日本人は投資に対する関心を高めた方が良さそうです。

 

本日は、経営者の皆さまが会社で

金融商品を持つことについて考えてみます。

 

いつもの銀行担当者クレクレ君

(融資、金融商品などの手数料)

が訪問してくるのですが。。。

 

 

本編です。

 

あいも変わらずクレクレ君は

手数料の集金に勤しんでいます。

 

関与先様に提案してくるもの全て

跳ね返しています。

 

今回は証券口座に○○月まで

資金を入れてくれませんか?

というもの。

 

そうか、関連証券会社の期末の

残高まで成績になるのか。

 

(1円にもならなさそうだが。)

 

どうせなら、「稲田さん、僕は銀行の

アズ・ア・サービスをうまく利用しますので

一緒に顧客開拓しませんか?」

 

と提案されれば、こ踊りして協力するのに、

惜しい。いや、残念過ぎる。

 

 

金融商品を会社で購入した時の考え方です。

 

・ダブついているコロナ資金で金融商品を購入する

・相場に一喜一憂して本業が手につかなくなる

・儲かっても営業外収益で営業利益(本業の利益)に影響なし

・損したらBSを棄損する(現金が減る)

・次の投資商品で挽回を目論む

・儲かったら損するまで続ける

・会社の発展が留まる

 

定款に載せてない事業の目的で

儲けてもしょうがない。

 

社長が本気で投資をしたいのであれば、

個人資産でやるか、

「各種金融商品に対する投資」

と定款に記せばいい。

 

会社でやるなら事業(投資)計画を社員と共有すべきです。

 

今回のクレクレ君が自信を持って提案する

金融商品の過去の推移は5%。

すごくいいですよと説明してくれました。

 

一通り話を聞いた後で、

「ところで当社の売上高経常利益率はご存知ですか?」

と質問すると。

 

「すいません、分かりません。。。」

 

「前期は15%、今期は12%で推移してます。

本業でやるべきことがあるのに、

御行から借りた大切な運転資金を投資にまわしちゃダメでしょう。」

 

「。。。」

 

 

 

今も懲りずにたくさんの提案をしてくれます。

 

僕のブログのネタにはありがたいのですが(笑)